2017年2月17日金曜日

カメラマン紹介 戸張亮平


こんにちは、西澤です。
今日からカメラマン紹介ブログがスタートします。

記念すべき第一回目は、戸張亮平カメラマンです!


千葉県民なのに阪神ファン!? まずはプロフィールをご紹介します。


戸張亮平 Ryohei Tobari

36歳、独身。千葉県松戸市出身、在住。

学生時代はバスケ部に所属、今は草野球が趣味のスポーツマン。
弱いころの阪神に感情移入して以来の阪神ファン。
(似顔絵をよーく見ると阪神カラーが!笑)

パンクが好きで、Hi-STANDARDのファン。
よくライブやフェスにも行っているそう。
(そういえば、いつもパンキッシュなTシャツを着ているような‥‥)

大の子供好きでunisonの家族イベントのときにはずっと小さい子の面倒を見てくれる心優しいお兄ちゃん。

若い頃はラーメン屋でアルバイトをしながら
自分でモデルを雇い作品撮影をして腕を磨いたガッツの持ち主。



戸張の写真はここがすごい!


ここからは戸張カメラマンが撮影した写真をご紹介します。
自他ともに認めるウェディングフォトマニアの私が数千枚の写真から厳選しました!
戸張写真の「ここがすごい!」と思う特徴を4つ挙げてご紹介していきます。

本当に素敵な写真ばかりです。どうぞお楽しみください♪


❶ おちゃらけポーズ写真

見ているこっちも思わず笑ってしまう、おちゃらけポーズの写真。
新郎新婦のキャラクターをうまく引き出しています。

 

 

❷ 静けさにドキッとする写真

光と陰を上手に使って神秘的な写真。
一瞬の静けさを感じる表情にドキッとします。



❸ 感情溢れる写真

感情がダイレクトに伝わってくる、迫力のある写真。
思いっきり笑ったり、泣いたり、崩れた表情に結婚式の熱を感じます。



❹ 技あり構図の写真

掟破り!? とも思える思い切った画面構成の写真。


 シンメトリー、放射構図などの基本的な構図はすっきりと整理された印象を受けます。



いかがでしたか?
まだまだたくさんご紹介したいところですがこの辺で。

今回は西澤がセレクトした写真をご紹介しましたが、
unisonのHPギャラリーには戸張自身がセレクトした写真がたくさん掲載されています。

ぜひ、そちらも合わせてご覧ください。
http://unison3.com/photographers/tobari/



目指すは、ピッチャー大谷翔平 !?  ある日の会話より。


どんなカメラマンになりたいか尋ねると予期せぬ答えが‥‥ 。

「自分、大谷翔平みたいになりたいんすよねー
   コントロール良くて、いろんな球種もってて、160kmのストレート投げられて。」

 詳しく聞いてみると、つまりはこういうことです。

コントロールが良い → 撮影した全1500カットのクオリティが安定している。
いろんな球種を投げられる → カメラマンとしての技術が高くて引き出しも多い。
160kmのストレートが投げられる → 唯一無二、渾身の一枚が撮れる

おもしろいこと考えるなーと感心しました。
カメラマン同士でこういう話ができるのって新しい発見があってすごく楽しいんです!

戸張の仕事に対する姿勢が垣間みれた瞬間でした。



戸張カメラマン、こんな方におすすめします。 


遊び心のある写真が得意なので、楽しく盛り上がる結婚式にしたい!
自分たちも思いっきり楽しみたい!と考えているノリノリな新郎新婦におすすめです。

良い意味で肩の力が抜けていて、口数は多くないけど誰とでも気さくに話せるので
体育会系で硬派な新郎や恥ずかしがり屋さんとも上手にコミュニケーションをとって
素敵な笑顔の写真をたくさん撮ってくれると思いますよ。


戸張カメラマンの写真も載っています。よかったらこちらものぞいてみてください。
https://www.instagram.com/unison0422/




長くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。

第二回は来月を予定しています。
カメラマンのこんなことを知りたい!などご意見ご感想をぜひお聞かせください。

それでは、次回もお楽しみに。



0 件のコメント :

コメントを投稿